″やりたい” という燃料

アバター しげぞう

何かの店を始めるとか 何かの事業を始めるとか

動機は人それぞれ 千差万別で 事情も人それぞれ

それで 言い尽くされていることかもしれませんが やっぱりそこに「やるしかない」「どうしてでもやり続ける」「やれる方法を考える」という気持ちがある人が起業の最初の時期、とても苦しい状況を打破できるようです。

その 強い気持ちをどうやって持つことができるのか?どうしたら持続できるのか?

最初に夢をもって絶対に叶えると起業する人はたくさんおられます。その中で、現実の営業の苦しさとか人脈作りの大変さとか資金繰りに喘ぐとか、様々なことが襲い掛かるのは当たり前のことです。が、ここを突破できずに途中で夢をあきらめざるを得ない状況になる人が多いのも現実です。

ここで当たり前のことを大変だと思わないような考え方をする人、つまり当たり前のことととらえている人はそんなことに心が折れずどうしたらその局面を打開できるかに集中するようですね。

そんな人になるためにはどうしたら?・・・ 思うに その人が持つ個性もすごく大きいと思います。 なんか答になってませんが。

でも、そんなことを肌で感じさせてくださるバイタリティーがある方の話を聞くことができました。

大好きなライフワークとまで言える趣味があり、その環境がいつもそばにある状態が作りたいとの思いで、一番最適な立地を求め、不便なライフラインに負けず建物も建て、新たな人間関係も時間をかけて構築されている。その人曰く「決めたからやるしかないとしか考えなかった。」「目の前の解決すべきことを少しづつあきらめないで解決しただけ。」と。

移り気で、飽きっぽく、しかもちょっとつらいことがあるとすぐ折れそうになる私からすれば、伝わる波動がまったく違うのを感じました。

その人になることはできないので、自分なりにあきらめない体質をどうつくるかを考えて行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です