″やりたい” という燃料

何かの店を始めるとか 何かの事業を始めるとか

動機は人それぞれ 千差万別で 事情も人それぞれ

それで 言い尽くされていることかもしれませんが やっぱりそこに「やるしかない」「どうしてでもやり続ける」「やれる方法を考える」という気持ちがある人が起業の最初の時期、とても苦しい状況を打破できるようです。

その 強い気持ちをどうやって持つことができるのか?どうしたら持続できるのか?

最初に夢をもって絶対に叶えると起業する人はたくさんおられます。その中で、現実の営業の苦しさとか人脈作りの大変さとか資金繰りに喘ぐとか、様々なことが襲い掛かるのは当たり前のことです。が、ここを突破できずに途中で夢をあきらめざるを得ない状況になる人が多いのも現実です。

ここで当たり前のことを大変だと思わないような考え方をする人、つまり当たり前のことととらえている人はそんなことに心が折れずどうしたらその局面を打開できるかに集中するようですね。

そんな人になるためにはどうしたら?・・・ 思うに その人が持つ個性もすごく大きいと思います。 なんか答になってませんが。

でも、そんなことを肌で感じさせてくださるバイタリティーがある方の話を聞くことができました。

大好きなライフワークとまで言える趣味があり、その環境がいつもそばにある状態が作りたいとの思いで、一番最適な立地を求め、不便なライフラインに負けず建物も建て、新たな人間関係も時間をかけて構築されている。その人曰く「決めたからやるしかないとしか考えなかった。」「目の前の解決すべきことを少しづつあきらめないで解決しただけ。」と。

移り気で、飽きっぽく、しかもちょっとつらいことがあるとすぐ折れそうになる私からすれば、伝わる波動がまったく違うのを感じました。

その人になることはできないので、自分なりにあきらめない体質をどうつくるかを考えて行きたいと思います。

事業は仕事なの?

自分の会社のために私財を投げ打ち、自分は赤字になっても事業を継続する。

仕事が生活のための糧を得る目的であれば、到底理解できないことです。

私もサラリーマンの時には、こんな考えは到底及びもつかないものでした。

語弊があるかもしれませんが、仕事とはなんとなく辛いもので、その代償に収入があるというのが一般的ではないでしょうか?

ところが、事業家はそうではない人が多い、仕事が辛くない人が多いのです。もちろん事業の継続が辛くて奈落の底にいる気分の人があるのも事実。ですが、そもそも事業を立ち上げた以上あらゆる困難と悩み事や心配事は尽きないのが実は当たり前のことで、それを当たり前ととらえた方は意外にもすっきりとして前に進まれる。そこがサラリーマンとの決定的な違いで、自己責任というものが付いて回るから、言い換えれば自分が主役だから仕事は自分ごと。

私には、独立してから想像だにしなかったことがあります。それは、仕事と休みの境がないこと。結構しんどいことでも自分の知識や経験を増やす投資になるとか、いつか巡っていいことにつながるとか思うと、やろうと考え、ワクワクして行動できます。土日という観念は、行政庁や銀行が休みで不便な日くらいにしか思わなくなりました。

今サラリーマンの方で、仕事がなんとなく嫌だなあと重く感じていらっしゃるのであれば、一度、こんな考えもあるんだと思い直されれば、つまり、自分の仕事として捉え直せば、少し面白くなるかもしれませんね。

 

 

可能性の肯定

私もよくそう思ったものです。

あの人は 生まれながらに 天才なんだ! あの人は もともと家がお金持ちなんだ! あの人は 運良く人に恵まれたんだ! などなど

そう言って自分をなぐさめることは 心のバランスを保つ上では一つの方法ではありますが・・・

でも ものすごく成功している人って 往々にして一度や二度は普通の人が経験したこともないくらいのひどい目に遭ってます。

自分だったらおそらく立ち直れないだろうという困難から立ち上がってます。

お金を失い、家屋敷を失い、愛する人を失い、人脈も離れ、自信も喪失してしまう。 そんな状況になっていた訳ですね。 誰が見ても背中がすすけてるって感じで。

ということは 上に書いた言い訳のようなものは頭の外のどこかに捨ててしまった方がよさそうですね。

ひどい状況の時 どうして大成功した人たちは立ち直ることができたのか?

これを探求することが 「言い訳をしないですむ人生」の鍵を握っていそうです。

それを学び 自分の生き方を見つめ 今の考え方から自由になり 自分自身を超える考え!  起業・創業の恐怖に打ち勝つのに必要な考え方だと思います。 自分の限りない可能性を肯定してゆきましょう。

 

今日からやる!

あけましておめでとうございます。今年もこのブログをよろしくお願いいたします。 正月三が日も過ぎました。 いつものリズムに戻るのに時間がかかる気がしています。

さて、いい言葉や格言、物語などを自分の中に取り込むことはとても大切なことですね。

逆に悪い口癖は自分を知らず知らずのうちに失敗へと導いてゆくようです。

そこで、いい言葉などを使ってアウトプットしていくことにしました。

今日発信するのは、林羅山さんの逸話に思うことです。

大晦日に弟子が、来春に「資始通鑑網目」という書物の講義をしてくださいとお願いに来たとき、羅山は「講義を聴きたいのなら来春と言わず今日からやる」と言いました。

弟子は、大晦日で正月の準備もあると言うと、羅山は「正月は何の準備をしなくてもやってくるが、1日も早く立派な儒学者になるためには今日から始めなければならない・・・」と諭したそうです。

先延ばしにすることがその後に多大な悪影響を与えることは誰もが知っていることで、だからこそすぐに行動に移すことがとても大切なことであることは頭では理解できることです。が、これを実践し続けるのは並大抵ではないことですね。でも、最初にきちんと意識して日々実行していくと、そのうち習慣化してしまいます。そうなれば、成功者たちの仲間入りも近いことでしょう。

私も今日からベイビーステップを使って、とりあえずやる・すぐにやるように心がけます。

理念 書き上げました 

今年最後の大仕事! 掃除はちょっとだけしましたし 配線がまだで映らなかった二階のテレビも映るようにはしましたが・・・

そうじゃなくて大仕事とは 個人的な理念の策定 これをきちんと書き換えることができました。

企業体では知的財産の中でも最も大切なものですね。

事業承継ではまず理念の承継をきちんと行う必要がありますし、起業にしても理念なき起業はそのうち頓挫してしまいますから。

今回私自身の「理念」を書き上げるにあたり一番大切にしたことは 今までどんなときに心の底から嬉しかったかということです。

このやる気を最大限に引き出す 「嬉しい」 というキーワードを使ってそのときのことに思いを馳せると ぼんやりとではありますがこれから自分が進むべき道や行うべきことが見えてきました。

正月には1年の計を立てられる方も多いと思います。 そのとき併せて何のためにその1年の計とするのか その根拠となる理念を策定されてはいかがでしょうか。

私は既に策定できましたので 1年の計も立てやすくなりましたよ!